現像テクニック

【現像方法】一眼レフカメラRAW現像の始め方-RAW現像で写真を100倍楽しむ

一眼レフカメラRAW現像の始め方


スマホやコンデジでの写真に満足出来ず、SNSでみんなが上げているような「映える写真」を撮ってみたい!と本格的な一眼レフカメラやミラーレス一眼を購入して始めてみたものの、

  • インスタでみんなが上げているような鮮やかで映える写真が撮れない。。。
  • 高級なカメラやレンズじゃないと思っているような写真は撮れないのかな。。。
  • どんな設定で撮ったらあんな幻想的な写真になるんだろう。。。

なんて感じていませんか?

私もはじめのうちは一眼レフカメラの奥行き感のある描写に感動しながらも、なんか思ってたのと違うな。。。インスタで上げられているような鮮やかな写真とか幻想的な写真ってどうやって撮ってるんだろう。。。と日々もんもんとしていましたが、実はあなたが目指しているその写真、撮影機材や撮影方法によるものでは無く、

RAW現像による表現

可能性が高いです。

一眼レフカメラを始めたばかりの方はそもそもRAW現像って何?って感じだと思うんですが、百聞は一見にしかず、デジタル写真のRAW現像なるものを行えばこんな事ができたりします。

一眼レフカメラRAW現像の始め方 比較事例 現像前一眼レフカメラRAW現像の始め方 比較事例 現像後

左がRAW現像前の写真、右がRAW現像後の写真です。暗い彼岸花の写真が、鮮やかな赤が印象的な彼岸花の写真として表現されました。

もっと極端な例で、一眼レフカメラが苦手とする明暗差の激しいシチュエーションなんかだと現像をするのとしないのとでこんなにも大きな違いが出ます。

一眼レフカメラRAW現像の始め方 比較事例 現像前一眼レフカメラRAW現像の始め方 比較事例 現像後

左がRAW現像前の写真、右がRAW現像後の写真です。もはや別もんじゃねーか!って感じるレベルですよね。

夕日の強い逆光で真っ暗になった写真が暖かい印象の夕焼けの写真に蘇りました。

これはあくまで現像を前提として太陽が白飛びしないように暗く撮影したから、というのもあるんですがなにはともあれRAW現像というものを行えば写真表現の幅がグンと広がります。

どうです?なんとなくあなたが思い描いていた「映える写真」にだいぶ近づいてきたような気がしてきませんか?

RAW現像を行う事で、あなたが撮影時に体験した「色味」や「明るさ」、なにより「感動」「印象」をしっかりと伝える「映える写真」を実現できるようになるので、今までよりも写真が100倍楽しくなります。

というわけで、前置きが長くなりましたが今回はこの「RAW現像」というものについて詳しく書いていこうと思います。

RAW現像とは

RAW現像について説明する前にそもそも一眼レフカメラを始めたばかりの方は「RAWって何?」って感じだと思うのでRAWについて簡単に説明していきます。

RAWとはデータの保存形式

まずRAWとはデータの保存形式の一つで、読み方は「ロウ」もしくは「ロー」と読みます。

画像データの保存形式としてはJPEG(ジェイペグ)が最も有名で、聞き馴染みもあるんではないでしょうか。

みなさんが普段インターネット上で見ている画像データや、普段スマホで撮っている写真、特に設定をいじらずに出荷時の設定のまま一眼レフカメラで撮っている写真は基本的にJPEGという形式の画像データになっています。

RAWとJPEGの違い

ただの保存形式の違いならJPEGで保存しちゃだめなの?って感じですが、RAWとJPEGの最も大きな違いはその

情報量の多さが段違い

という点にあります。RAWデータは「生データ」とも呼ばれ、撮影時にカメラの撮影素子が捉えた光の情報を光の三原色RGB(赤・緑・青)に分解してそのまま情報としてフルで保存されたデータがRAWデータ

そしてこのRAWデータから実際には目に見えないレベルの情報を間引きいた後のデータがJPEGデータとなります。

情報量としてはRAWが多い分データのサイズは大きく重いデータとなり、情報量を間引いた分JPEGはデータのサイズが小さく軽いデータとなります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: RAWとJPEGの違い-1024x683.jpg

カメラ内で現像・自分で現像するかの違い

普段スマホや一眼レフカメラでJPEGで撮影している場合、このRAW現像という工程をあなたのかわりにスマホやカメラが撮った瞬間に内部で勝手に行なってくれています。そしてその工程で各メーカーによって色味や明るさの調整の仕方に差があるため

  • CANONは鮮やかな発色
  • NIKONは自然な発色

なんていう事が言われているわけです。つまりJPEGで撮影するという事は

写真の明るさや色味・雰囲気などの調整作業をメーカーに任せている

という感覚に近い状態といえます。

ある意味では研究に研究を重ねているその道のプロに調整作業を任せているという事にもなるので、下手に自分で現像するよりも任せちゃった方が良い結果になる場合という事もあるかもしれません。

一方、RAW形式で撮影しRAW現像を自分で行うという事は写真の

写真の明るさや色味・雰囲気などの調整作業を自分で行う

作業となるので、写真を撮る時にあなたが感じた感動や印象をそのまま写真に表現

する事が可能となります。

RAWで撮影した後最終的にはJPEGで書き出す

RAWデータはそのままではSNSにアップしたりする事は出来ないので、最終的にはJPEG形式で書き出す事になります。RAW現像とは厳密にいえばまさしくこのRAWデータをJPEGに変換して「使えるデータ」にする作業の事をRAW現像といいます。

RAW現像≒加工

ここまで読んでRAW現像というものに対して感じている感情として

  • それってつまり加工じゃないの?。。。
  • 加工ってなんか抵抗あるなあ。。。

という感情をお持ちになる方もいらっしゃると思います。

実際のところRAW現像という言葉は加工とほぼ同義として使われている節もあり、多くのフォトコンなどで

  • 現像はOK
  • 過度の加工はNG

というなんとも曖昧な規約が設けられていたりして、なおさらわけのわからない状態になっています。

しかも時折「加工作品」であるとしてフォトコンでの入賞が取り消しになっている方がいたり、入賞作品が「加工作品」ではないのかと問題になっていたりといった事例があります。

これについては非常に悩ましいところなんですが、フォトコンで入賞が取り消しになっている事例なんかはそこに無いものを足していたり、あるいは有るものを消していたりと誰が見ても「加工」あるいは「合成」と捉えられる事例が多いような気がします。

感覚的にですが、「加工」は実際には起こり得ない状態の絵として写真の見た目を調整するのに対し、

明るさや色味を適切な状態に再現(復元)する

というのがRAW現像のニュアンスに一番近いのでは無いかと感じています。

RAW現像のスタイルは人によって様々

とはいうものの、RAW現像でどこまでやるのかは人によって様々で、考え方も人それぞれなので色々試しながら自分のスタイルや作風を確立していけば良いと思います。

実際私自身RAW現像を始めた頃からとにかく映える写真を目指してゴリゴリに鮮やかに現像しまくりの時代や、過度の現像がなんか恥ずかしくなってシックで暗い印象の現像ばっかりしていた時代、品のある写真を目指して彩度を落とす事にハマった時代など毎年色々な現像方法を試しながら今現在に至ります。

私だけでなくインスタなどでも鮮やかな写真が流行った時代、リアリティを追求してやりすぎないのが流行った時代、暗めの写真が流行った時代、明るくふわふわな写真が流行った時代などその年によって現像の流行みたいなのもあったりします。

なので結局のところあんまり小難しい事は考えずに

自分らしさを追求

してRAW現像をするのが一番写真を楽しめるんじゃないかと思います。

RAW現像のための撮影準備

簡単に説明するといった割に前置きが長くなりましたが、ここからはいよいよRAW現像の始め方について説明していきます。

RAWで保存するようにカメラの設定を変える

まずは一眼レフカメラの保存形式の設定をRAWで保存する設定に変更しましょう。

一眼レフカメラであれば基本的にはRAWでの保存形式に対応していると思います。

「記録画質」の設定のところで

  • JPEG
  • RAW
  • JPEG+RAW

などを選択出来るので「RAW」もしくは「JPEG+RAW」に設定しましょう。

最終的にはJPEGデータに変換しないと人にデータを渡して見てもらったり、SNSにアップしたりできないので、全てをRAW現像しないという方はJPEG+RAWの設定が便利ですが、両方とも保存する分かなり大容量のSDカードが必要になるので注意しましょう。

実際にはRAWデータで撮影しても現像ソフトで必要な写真を選択→JPEGに書き出しを行うだけなので書き出し作業自体はそこまで手間では無いと思います。

ちなみに私は全て現像するタイプなので「RAW」のみの設定にしています。

大容量のSDカードを用意する

RAWデータはJPEGに比べて1枚あたり数倍の容量になるので、お手持ちのカメラの画素数にもよりますが普段使用されているSDカードの3倍〜5倍程度の大容量のSDカードを用意しておきましょう。

コンビニで売っているSDカードなどはすぐに読み込み不良を起こしたりするのでSanDiskの64GB〜128GBあたりがオススメです。

大容量のHDD・SSDを用意する

後々でも大丈夫ですが、RAWデータで写真を撮りためていると割とあっという間にものすごいデータ量になってくるので撮った写真を保存する場所が無くて困る事がないように大容量のHDDもしくはSSDを用意しておきましょう。

1TBでは少しこころもとないので2TBくらいの容量のものを選んでおけば安心だと思います。

HDDに比べると少し値がはりますが、重いRAWデータを扱う上では読み書き速度が圧倒的に早く快適、しかも非常にコンパクトで壊れにくいのでもし金銭的に余裕があればSSDをオススメします。

現像ソフトを用意する

そしていよいよ現像する段階で必要になってくるのが現像ソフト。

「現像ソフト」で検索すると色々なメーカーから無料有料色々な種類のものが出ていて迷うかもしれませんが、業界標準と言われるAdobe Creative cloud フォトプラン(Lightroom+Photoshop)が圧倒的にオススメ。

Photoshopなんかはデザイン系の大学に行っていたり、デザイン系の仕事をしている方には無くてはならないソフトなので使った事がある方も多いのではないでしょうか。もはや他の追従を許さないレベルの機能性で、画像の加工には欠かせないソフトですよね。

Lightroomはその中でも特にデジタル写真の現像に特化したソフトです。

その機能の豊富さももちろんですが、ほとんどのカメラマンはLightroomとPhotoshopを使用しているのでインターネットで「現像テクニック」などで調べてもこのソフトを使用している事を前提としている事が多く、色々な現像テクニックを学んだり何か困った時に調べる上でもまず使用していて間違いがないソフトだと思います。

Creative Cloud フォトプランとして月額980円(税別)で現像用ソフトLightroomとPhotoshopがセットで利用でき、この二つのソフトを使用して出来ない事はまず無いと言っても過言ではない内容なのでコスパも最強。

昔は買い切りでしたが私の学生時代なんかはPhotoshopといえば何万円もする超高額ソフトだったので、ほんと良い時代になりましたね。

Adobe Lightroomに用意されている購入プラン

Adobe Lightroomはサブスクリプション型(月額課金制)のソフトで下記の三つのプランが用意されています。

  • フォトプラン(20GB):Lightroom+Photoshop+クラウドストレージ20GB:月額980円(税別)
  • フォトプラン(1TB):Lightroom+Photoshop+クラウドストレージ1TB:月額1980円(税別)
  • Lightroomプラン(1TB):Lightroom+クラウドストレージ1TB:月額980円(税別)

おそらくほとんどの方にとってクラウドストレージをわざわざAdobeのものを利用する必要は無いと思うので、月額980円(税別)フォトプラン(20GB)がLightroomとPhotoshop両方利用出来て最も利用しやすいのではないかと思います。

Lightroomだけでは比較明合成など一部の写真表現で必須の機能が使えないので、現像の幅を広げるという意味でもPhotoshopとセットのフォトプランがオススメです。

Adobe Lightroomを最もお得に購入する方法

Adobe Lightroomのサブスクリプションを購入する方法としては

  • 公式サイトで購入
  • Amazonで購入
  • 楽天市場で購入
  • Yahooショッピングで購入

する方法がありますが、

  • Amazon:フォトプラン(1TB)のみ取扱
  • 楽天市場:フォトプラン(1TB)のみ取扱
  • Yahooショッピング:公式サイト経由より高額

なので、月額980円(税別)のフォトプラン(20GB)を購入する上では、ポイントを使いたいなど何か特殊な事情でも無い限り公式サイトからの購入が最もお得な状況です。(2021年8月現在)

公式サイト

Amazon・楽天・Yahoo

撮影〜現像の流れ

写真を撮影し、現像ソフトの準備が出来たら後は早速現像を行ってみましょう。

写真撮影から現像を終えてJPEGに書き出すまでの大まかな流れは下記のような感じ。

  1. 写真撮影
  2. SDカードからPCにRAWデータを移す
  3. 現像ソフトにRAWデータを取り込む
  4. 明るさ・色味・雰囲気などの調整を行う
  5. JPEGに書き出す

この5つのステップを踏んであなたの作品を完成させたら後はSNSにアップするなりブログにアップしたりと自分の作品を公開して写真を楽しんでいきましょう。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

-現像テクニック
-,

© 2021 一眼絶景 ICHIGAN ZEKKEI Powered by AFFINGER5